パスポートについてよくある質問をまとめてみました。

Q1.パスポートを失くしたので紛失届を提出しましたが、後日カバンの中にあるのを見つけました。このパスポートは継続して使えますか?

A.紛失届を提出した時点で失効しているので使えません。速やかに返納してください。


紛失または焼失の届出がなされたパスポートは効力を失うことになります。

また、国際機関のデータベースにも失効しているパスポートとして情報が登録されることとなり、入国審査で提出しても使えませんのでご注意ください。

なお、パスポートを再取得する場合は新規申請をすることになります。

もちろん、紛失届を提出していないのであれば、パスポートは失効していませんので継続して使うことができます。

Q2.体が不自由なので受取りに行くのが大変なのですが、代理人に受け取ってもらうことはできますか?

A.受取りに行くのが大変という程度では、同伴者などを伴ってなんとかして受取りに行っていただくしかありません。


パスポート申請においては本人性が非常に重要となっていて、例外的に一部の申請については代理申請が認められているものの、受取時には確実に申請人本人に渡すことになっています。

パスポートの代理申請についてはこちらをご覧ください。

では、障害などがあって受取りのために窓口に行くことが難しい方はどうなってしまうのでしょうか?

この点について愛知県に確認したところ、「パスポートを取得するにはなんとかして出頭してもらうしかなく、重病患者が海外で手術を受けるといったケースでないと例外的な措置はないだろう。」ということでした。

そもそも、窓口に行けない方は海外に渡航できるのか?ということになります。

ですから、体が不自由であってもパスポートを取得したいという方は、たとえ大変であったとしても例えば同伴者や支援者に付き添ってもらうなどして窓口へ出向いていただくことになります。

このことからも、本人性というのがいかに重要かということがお分かりいただけるのではないでしょうか。

なお、あらかじめ窓口に連絡をしておけば建物内で職員の方が何らかのサポートをしてくれるかもしれません。予約制ではありませんが「何日の何時ごろに行きます」という連絡を入れてみてはいかがでしょうか。

愛知県内のパスポートの申請窓口はこちらで確認できます。